男女

退去時には元通りに

ヘルメットを持つ人

マンションなどから退去する場合には入居時の状態に戻す原状復帰をしなければなりません。この原状復帰には価格が安くてしかも信頼のある専門業者へ依頼することが多くなっています。また工程を迅速に進めること、仕上がりが良好なこと、施工管理が徹底されていることも人気の理由となっています。

リフォームとは異なる工事

内観

原状回復工事をオーナーが行う場合にはリフォーム会社に依頼して原状回復よりも良い状況にすることもできます。仕訳には気をつける必要があり、リフォーム部分を別にして資本的支出にすることでトラブルの発生を防ぐことが可能です。

敷金とは何の初期費用か

集合住宅

賃貸物件を借りる時に支払う敷金は原状回復のための費用であり、退去時に原状回復の必要がなければ返還されます。しかし、原状回復が必要な場合は、専門の業者に依頼するようにしましょう。

賃貸住宅退去時の負担義務

レディ

当初の状態に回復させる

マンションやアパートなどの賃貸住宅はもちろん、オフィスや店舗などの賃貸物件では退去時に当初の状態に回復させる義務が生じます。これを原状復帰または原状回復と呼んでおり、賃借人の負担分が生じた場合には敷金から精算される例が多いものです。契約内容によっても異なりますが、基本的には通常の使用や経年劣化によって生じた損耗の回復は賃借人の原状復帰義務に含まれません。この解釈が賃貸人との間で食い違う場合が多いことから、退去時の敷金返却トラブルに発展する例が出てくるのです。こうしたトラブルを事前に回避し、賃貸人と賃借人の双方が納得する形で原状復帰の手続きと工事を進めるための専門業者も存在します。そのような専門業者が原状復帰を請け負う際には、まず賃貸人と賃借人が立ち会った上での現地調査を行ないます。専門家の目で不動産の損耗や毀損状況がチェックされ、この調査結果に基いて工事の見積もりが出されるのです。第三者が間に入って公平な視点で原状復帰の手続きを進めることにより、トラブルも起きにくくなるだけでなく施工費用も透明化します。こうした専門業者は職人の技術力も高く、オーナー側でも空室対策に利用価値が高いのです。

技術力高い専門業者の価値

一般的には家具を設置した際に生じた床の跡や冷蔵庫等の電気ヤケの他、壁のクロスも自然変色の範囲内であれば原状復帰から除外されるものです。逆に日常的な清掃を怠っていた場合に生じたカビやシミの除去に加え、不注意で床や壁に傷をつけてしまった場合の修復工事は賃貸人の負担となります。このような負担区分を決める際には細かいチェックリストに基いて公平な目で判断することが必要なため、しっかりとした現地調査が欠かせないのです。原状復帰を専門とする業者では、単にマンションやアパートの室内を当初の状態に戻すだけでなく、新たな価値をプラスするような工事も行っています。これも内装工事の高い技術力に基づいたリフォームやリノベーションの一環ですが、オーナーサイドとしては空室対策としてもこのような工事が有効です。ハウスクリーニングも実施してくれる専門業者に原状復帰を施工してもらった方が、次の入居者も決まりやすくなります。このような賃貸住宅の原状復帰に伴う負担区分の決定は、何かとトラブルの種になりやすいものです。原状復帰施工のプロは現地調査のプロとしても活躍しており、過去の判例に基づいた判断基準で負担区分を決めています。