作業員

敷金とは何の初期費用か

集合住宅

敷金の利用目的

賃貸物件を借りる時に礼金、敷金、前家賃、公益費などの初期費用を支払います。物件によって発生する初期費用は異なりますが、そのうちの敷金の利用目的を考えてみましょう。敷金の相場は家賃の1ヶ月〜2か月分とされており、未払いの賃料や原状回復のために利用される費用です。原状回復とは、借りた部屋を退去する時に借りた時と同じ状態にして返さなくてはいけないという借主に課せられる義務のことです。要するに部屋の修繕費用ということになるのですが、敷金を支払っておくことで退去時に修繕費用を請求されても持ち出す必要はありません。しかし敷金なしの物件なら、退去時に必要な修繕費用を支払うことになるので、思わぬ出費になってしまう可能性があります。

返還してもらえる

敷金は部屋の修繕費用に充てられますが、修繕の必要性によって全額返還また一部返還されるお金です。ただ、ここでの問題は原状回復の範囲であり、返還されるはずの敷金が戻ってこないというトラブルも少なくはありません。原状回復の範囲は契約書の効力が高いとされているので事前に確認しておきましょう。また、契約書に記載がない場合はガイドラインに従うことになり、目安として通常の生活で生じる損耗や経年変化には義務は発生しないとしています。修繕義務がない範囲には例えば、畳の日焼け、壁紙の汚れ、通常のハウスクリーニングなどがあげられます。しかし、原状回復を行なうことによって、次に借りる人が快適に過ごすことができるため、賃貸物件によっては行なうところもおおいのです。入居者が退去して出原状回復を行なう際には、業者依頼が有効です。